スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西伊豆シュノーケル三昧の夏休み 

カテゴリ:シュノーケリング

学校が夏休みに入ってすぐの週明け。
西伊豆の田子瀬浜に家族で、遊びに行ってきた。

西伊豆でも海水の透明度がずば抜けていい、というのが売りで、
国道136号からかなり奥まっているので、海水浴客もあまり多くない。
私達が訪れたときはまだ夏の初めで、梅雨も明けていないから
もちろんガラガラ。水も冷たい。でも透明度は抜群。

DSCN2308.jpg


プライベートビーチのような趣き。で、このビーチの浜に隣接して
唯一立つ民宿はまのせに宿で2泊。
このビーチ付近には1,2軒しかなくて、選択肢もない。
ここのお宿、お食事を楽しみにしている旅行者にはおススメできません


DSCN2286.jpg DSCN2281.jpg


翌日は、堂ヶ島近くの乗浜海岸へ。
ここはおととしシュノーケリングをしたときに
結構魚がいたので、期待していたのだけれど、
まだ水が冷たいせい(?)か、多種の魚は見られないかった。
フグやイカ、薄黄と黒のシマシマの小魚、青の蛍光色の小魚などが
見られた。もう少しあったかくなるといいのかな。

DSCN2314.jpg


夜は、堂ヶ島の火祭り。昔この付近を荒していた海賊を
征伐した村人の伝説を祝うもので、花火が打ち上げられた。

DSCN2341.jpg


偶然にも、花火を間近に見られて感激の子ども達。
ゾゾにも、「きれいでしょ?」と自慢すると
「ミャンマーにもあるよ、なんで日本人はこんなに花火花火って
騒ぐのか理解できない」とまたしらけトーク。
ほっとこ。

翌日は、さらに別のビーチを散策。

田子瀬浜のお隣の浮島(ふとう)海岸

DSCN2357.jpg


ここはもっと人影まばら。しかし、
シュノーケリングを楽しみたい人にはおススメです!
岩場なので、マリンシューズはもちろんフィン、ウエットスーツまで
完全防備で、挑んでください!

ここ数年夏は西伊豆でのシュノーケリングが楽しみになっているが、
そもそもは、ゾゾの魚好きから端を発していること気づく。
川に行っても、湖に行っても、海に行っても魚、魚、魚。
それじゃ、もぐって見れば、ということでもぐるようになった。
便乗してもぐるのに夢中になっているのが65になる母である。
60を越えた頃に下田の爪ヶ崎でもぐって、
タツノオトシゴに遭遇してから、シュノーケリング仲間である。
今回は、あまり魚が見られず、一番がっかりしていたのも母。
まずは、沖縄に行かないとね、と母と、計画を練っている
だって、ゾゾは沖縄は暑いから絶対に行かない、って
いうのだから。行ったこともないくせにチャンスを捨てるなんて
もったいない~。
スポンサーサイト

ミャンマーの夏のごあいさつ♪? 

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

ミャンマーから食材の包みが届いた。

DSCN2242.jpg
 ミャンマーのお茶菓子のひとつ、フルーツの砂糖とうがらし漬け。
甘くてすっぱくて辛いのが、ウーロン茶に
よく合うのです♪
左から、
マンゴーの漬物と、メヤンティというすっぱい実の漬物。そして
一番右は、シャウティというみかんの皮を乾したもの。


DSCN2240.jpg


ゾゾの妹さんが作ってくれたとうがらしのふりかけ。
にんにく、タマネギ、とうがらしが主な材料で、
カライけれど、味わい深い一品。この品、薬の容器(?)に
入れて送ってくれるところが、ミャンマーらしい…。

DSCN2239.jpg DSCN2247.jpg


これも、ミャンマーのお茶請けになったり
ご飯のおかずにもなるお茶の漬物。
緑色の物体が、お茶の漬物で、積んだお茶の葉を
蒸して、密閉して発酵させたものです。
にんにくを揚げたもの、ゴマ、干しえび、そのた
ナッツ類などとあえて食べます。お好みでトマトやキャベツを入れて
ピーナツ油をドボドボ、味の素をパパパパとかけて食べるんです。

これまたウーロン茶やビールによく合います。
ういっ♪ 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。