簡単! オリジナル・タンドリーチキン 

カテゴリ:インド料理レッスン

簡単!
オリジナル・タンドリーチキン
IMG_7234.jpg


お酒のつまみに最高です。材料があれば簡単なので、
ぜひチャレンジしてみてください☆
本格的なタンドリーチキンはけっこう面倒だということで、
私たちが習っている先生が考え出した簡単レシピです。

材料
① 鳥胸肉500g程度
② 塩 小さじ1程度
③ チリパウダー 小さじ1
④ ターメリック 3~5つまみ
⑤ ブラックカルダモンパウダー 小さじ1/2
⑥ グリーンカルダモン 小さじ1+1/2
⑦ タンドリーチキンパウダー(なければいれなくてOK)小さじ1
⑧ ティッカパウダー(なければいれなくてOK)小さじ1
⑨ レモン 半分を絞る
⑩ 油 大さじ2
⑪ ニンニク小さじ1~2
⑫ 生クリーム1パック

作り方
1. ①を一口大に切って、水分を切る。
2. ②~⑪をすべてボールに入れて、指先でよく練る。
3. 2.に①を入れて味をしみこませるつもりで練り込み、1時間以上置く。
IMG_7211.jpg

4. フライパンを熱し油を敷き、3を重ならないように並べる。
IMG_7232.jpg

5.  両面に焼き色がついたら、⑫を入れてさらに炒める。全体が黄色くなり、汁気がなくなったらできあがり。最後にもう一度塩の調整をしてくださいね。

食べるときにたっぷりレモンを絞るともっとおいしいです! 

スポンサーサイト

なすカレー& パラダ 

カテゴリ:インド料理レッスン

IMG_7720.jpg

今回は、「なすのバルタ(カレー)(右奥)」
大きいなすを使うのがポイントです。日本のなすは筋が多いのだとか。
それと、小麦粉で作るパラダを添えます(真ん中手前)。
仕上がりは、あまりパンチがないのですが、まったり味わいがある、という感じです。

先生からのご馳走は、ヤギのお肉のシシカバブです。
次回はシシカバブを習います。

材料 
① 油大さじ1~3(多いほどおいしくなるとのこと)
② ニンニク4~6かけ(細く千切り)
③ クミンシードパウダー小さじ1
④ マスターシードひとつまみ以上(お好みで)
⑤ 玉ねぎ小みじん切り
⑥ トマト(大)半分 粗みじん
⑦ チリパウダー小さじ1(好みで調整)
⑧ ターメリックパウダー 1~2つまみ
⑨ クミンパウダー 1~2つまみ
⑩ コリアンダーパウダー 1~2つまみ
⑪ 大ナス(直火で焼いて皮をむいてほぐす)
⑫ 塩小さじ1
⑬ 砂糖適量
⑭ ガラムマサラ
⑮ チャットマサラ(あれば)
⑯ コリアンダーの葉(あれば)
⑰ しょうが半かけ(千切り)


IMG_7703.jpg

なすは、表面に油を薄く塗り、
ガスの直火でやわらかくなるまで焼いて、皮をむき、身をほぐします⑪。

IMG_7717.jpg

① を熱して、②を入れる、やや色づいたら③④⑤を入れて
ふたをして玉ねぎが柔らかくなるまで待つ。
玉ねぎが柔らかくなったら⑥をいれ、⑦⑧⑨⑩をいれ、
よく炒めたら⑪をいれ、⑫⑬⑭をいれ、よくよく炒めてから
ふたをして5分ほど煮て、皿にとる。
皿の上から⑮⑯⑰を散らす。

これで出来上がり♪

<パラダ>

① 小麦粉 2カップ
② 塩 小さじ1
③ 砂糖 大さじ1
④ 牛乳 4分の1カップ
⑤ 水 生地がフワフワした感じになるように適量
⑥ 油 4分の1カップ

IMG_7693.jpg
1~6をしっかり混ぜて、フワフワ、かつ弾力性が出てくるまで練り、30分くらい置く。

IMG_7707.jpg
まな板などの上で均一に丸く伸ばします。伸ばしたら溶かしたバターを指先につけて
表面をたたくようにして、バターをしみこませ、生地をクルクルっと巻いていきます。

IMG_7708.jpg

IMG_7712.jpg
丸めた生地をとぐろを巻き(?)にします。指先にバターをつけて
バターをしみこませながら、上から押して平らにし、
再度平らに伸ばします。さっき巻いた生地の層を生かすのを意識して
伸ばしていきましょう☆

IMG_7715.jpg
また丸く伸ばしたら、熱したフライパンにのせます。
溶かしたバターをのせた生地の周囲からかけながら焼きます。
生地が厚いようなところは、上から軽くフライパンに押し付けるようにして
なかまでよく火が通るようにします。
よく焼けたら、器にとりますが、このとき、ふちを下にして器に打ち付けるようにします。
これは、焼けたパラダの層のなかに空気を入れるためです。
ふんわり空気が入ったら、あたたかいうちにいただきます♪

IMG_7721.jpg
あまった生地をもらって帰り、おやつ用にアレンジしてみました。
ウィンナーを炒めて、パラダの生地で包みました。
ケチャップをつけて食べたら、大好評でした! 


チキンカレー&プリ 

カテゴリ:インド料理レッスン

食欲のないときもメチャメチャ食が進む1品です!
カレーには、こんがり揚げたプリを添えてどうぞ。

IMG_7204.jpg

チキンカレーとプリ

<チキンカレー>
材料
① 油大さに2(鶏肉の油も出るので様子を見ながら)
② シナモンパウダー ひとつまみ
③ クローブパウダー ひとつまみ
④ ニンニク(すりおろし)小さじ1
⑤ しょうが(すりおろし)小さじ1
⑥ 玉ねぎ(中)1個みじん切り(たっぷりペーストが欲しいときは多めに)
⑦ トマト(中)1~2個みじん切り
⑧ チリパウダー小さじ1
⑨ ターメリックひとつまみ
⑩ 塩 適宜
⑪ 鶏もも肉2,3本(適当な大きさに切る。大きめでも煮ると小さくなるので大丈夫)
⑫ ガラムマサラ小さじ1

作り方
1.①②③を鍋に入れて熱したら、④⑤を入れてさらに熱し、全体的に赤っぽくなったら⑥の玉ねぎを入れて軽く炒め、ふたをして柔らかくなるまで炒め煮にする。

IMG_7169.jpg

2.1の玉ねぎが柔らかくなったら⑦トマトを入れて軽く混ぜ、⑧⑨⑩を入れてよく炒める。玉ねぎやトマトの水分がなくなってペースト状になり、油が浮いてくるくらいまできちんと炒める。
IMG_7170.jpg

3.水分が飛んでベタベタ状態になったら⑪を入れ、ペーストをからめる。鶏肉の水分が飛ぶくらい炒めたら、ふたをしめてしばらく煮る。

IMG_7174.jpg

IMG_7178.jpg
※お鍋のふたの上に水をたらしておくと、下からも上からも熱が回るということで、
早く煮込むことができるそうです(前にも書きましたが…)。圧力鍋と同じ効果がある、そうです。
やってみてっ。焦げにくくなるとか。

4.3の鶏肉の周りが白っぽくなったら、ガラムマサラを加える(カップ1のヨーグルトをよく溶いて分量のガラムマサラを混ぜるとより味わい深くなります)。よくかき混ぜてさらにふたをして煮る。よく味が馴染んだようになったらできあがり。

IMG_7182.jpg
※ガラムマサラをヨーグルトに入れてカレーに入れます(よりおいしくなるテクニック♪)

IMG_7185.jpg

ちょっと辛くて、子供には無理、という場合は、レモンを振ると、不思議なことに辛味がまろやかになりますので、やってみてくださいね。
生クリームを入れてもまろやか~でおいしいです♪

★オプション★
鶏肉にカレー用のインスタントのマサラをまぶして小一時間置き、それを加えると、よりスパイシーで、コクがでます。

カレーにめちゃめちゃ合う
プリ
<材料>
① 全粒粉500g
② 砂糖小さじ1
③ 塩小さじ1
④ 水適量
⑤ 油大さじ2~3

<作り方>
1.①②③をボールに入れてダマを指でほぐしてから水を少しずつ入れていく。

IMG_7166_20090710173835.jpg

2・1をやや固めに練り上げたら、油を混ぜていく。油を入れることで、揚げたときにカリカリになるのです。

IMG_7183.jpg

3・できたらウズラの卵くらいの大きさに丸め、周囲に油をつけて、餃子の皮の大きさくらいをめどにめん棒で丸く伸ばす。伸ばすときのコツは丸の中心部を厚めに、周囲を薄く。でも全体的に厚いほうが揚げたときにぷっくり膨らみます。

IMG_7193.jpg

IMG_7203.jpg

4.できたら熱した油に入れていきます。全体に油がかかるように、油に沈めたり、上からかけたりしながら膨らむのを待ち、膨らんだら適宜ひっくり返して、こんがり上がったらできあがり♪ カレーに添えて食べましょう~。

ほうれん草カレー&レンズ豆のスープ 

カテゴリ:インド料理レッスン

前回よりちょっと間があいたインド料理のレッスンでした。

いつも先生は私たち生徒が到着する前までに
野菜を切ったり、お豆を切ったりの下ごしらえを終わらせてくれています。
最近は参加人数が多いので、その量も半端でないので、感謝、感謝です♪

さて、本日のメニューはほうれん草のカレーと、お豆のスープ。
加えて、先生のご主人のおばあさまのレシピだという
デザートというか、惣菜というのをいただきました。
今回は、というか、今回もどれもおいしいメニュー。
お時間があったら、ぜひチャレンジしてみてね!

IMG_7155.jpg

ほうれん草とじゃがいものカレー

<材料>1家族分
IMG_7135.jpg

ほうれん草一束(きれいに洗ってざく切りにして、水を切ってミキサーに1分かける)/
シナモンパウダー、ブラックカルダモン各ひとつまみ/グリーンカルダモン 小さじ1/3/玉ねぎ半分みじん切り/しょうがすりおろし小さじ1/ニンニクすりおろし小さじ1/塩、砂糖適量/トマト大1/4粗みじん/ガラムマサラ小さじ1/2/チリパウダー小さじ1/ターメリックひとつまみ/クミンシードパウダー&コリアンダーパウダーのミックス小さじ1/牛乳(生クリーム)/炒ったクミンシードのパウダー/レモン/ガスリミティ


<作り方>
IMG_7138.jpg

① 熱した油にシナモンパウダー、ブラックカルダモン、グリーンカルダモンを入れて炒め、茶色になったら玉ねぎを入れて炒めふたをして弱火でしばらく熱する。

② 柔らかくなったらしょうが、ニンニクペースト、トマト、チリ、ターメリックを入れてよく炒める。あればクミンシードパウダー&コリアンダーパウダーを適宜入れる。塩、①を入れて味を調える。
IMG_7140.jpg

IMG_7141.jpg

③ ②にガラムマサラを入れ、砂糖、牛乳を入れてよくかき回しながら少々熱してできあがり。
 じゃがいもを角切りにして油で揚げて入れたり、カテージチーズ、豆腐などを入れるのはこのとき。

IMG_7144.jpg

④ 仕上げにレモンを絞ったり、クミンを炒ってパウダーにしたもの、ガスリミティ(日本では手に入らないらしい)を入れて混ぜて完成。

レンズ豆のスープ

<材料>1家族分
レンズ豆半カップ(半日くらい水につけておく)/しょうがすりおろし小さじ山盛り1/ニンニクペースト小さじ1/ターメリックひとつまみ/塩適宜/玉ねぎ1/8/トマト大1/8粗みじん/油大さじ1/クミンシード小さじ1/マスタードシード小さじ1/4


<作り方>
① ふやかしたレンズ豆をよく洗って、ひたひたより少し大目の水を入れ、そこにしょうが、ニンニク、ターメリック、玉ねぎとともに圧力鍋(なければ普通の鍋)に入れ、火にかける。だいたいシューッとなってから10分ほど煮て火を止める。
IMG_7146.jpg

② 鍋に油を熱し、クミンシード、マスタードシードを入れて、プツプツなるくらい熱したら①を入れ、かき混ぜる。カレーのように食べたければ水は少なめ、スープとして食べたい場合は水をたっぷり入れて。味は塩、砂糖で調節。
※ 辛いスープにしたければ①にチリパウダーを適量入れてもOK。
※ 冬ならガラムマサラを入れてもOK。夏はおすすめしない、とか。

バナナサイシテ

<材料>
バナナ、チリパウダー、ターメリック、クミン&コリアンダーパウダー、塩、砂糖各適量
① バナナを5ミリくらいの厚さに切って、チリパウダー、ターメリック、クミン&コリアンダーパウダー、塩、砂糖各適量をバナナに振りかけ、よくかき混ぜる。バナナの形が崩れても大丈夫。スパイス類は大体小さじ1~大さじ1を目安に。

② 油大さじ2~3さじ分を鍋に熱して、クミンシードとマスタードシードを小さじ1くらいずつ入れてプツプツなるまで熱し、①に振りかけて、またかき回してできあがり。
IMG_7147_20090626232322.jpg
IMG_7148.jpg


  デザートとも、惣菜ともいえそうな辛甘いアジアンテイストな一品。

カリカリ皮のサモサを作ろう♪ 

カテゴリ:インド料理レッスン

インド料理のレッスン、今回はサモサとラッシーでした。
ラッシーはヨーグルトにお砂糖と牛乳を適量加えて作りました。
今回のレシピは、サモサをご紹介しますね~。
とてもおいしかったです。ぜひチャレンジしてみてください。
いろいろスパイスが入っていますが、なければいれずに作ってみて。

IMG_6989.jpg



サモサの生地は、バターと油が適量入っているので、
カリカリに揚がりますよ。



サモサ
(1家族4人分くらい)

<サモサの具>
材料:ゆでてむいたじゃがいも2カップ、グリーンピース1/2カップ、青唐辛子輪切り小さじ1/2、しょうが半かけすりおろし、カシューナッツ大さじ1、レーズン大さじ1(お好みで)、チリパウダー、ターメリック各小さじ1/4、塩適宜、フェンネル小さじ1/2、ガラムマサラ小さじ1/2、油大さじ1

1. 油を鍋にしいて熱してから、フェンネルを炒める。少々茶色になったらしょうが、青唐辛子を入れ    てさらに炒める。味が油になじんだら、青唐辛子を取り出す(少し残しておいてもOK)。
2. 1をよく炒めたらゆでて皮むいたじゃがいもを入れて炒め、ターメリック、チリパウダー(オプション   でコリアンダー&クミンのパウダー)、塩を入れて混ぜ、さらに炒める。
3. グリーンピース、カシューナッツ、レーズンを入れて混ぜ、水をカップ1くらい入れる。ジャガイモに   スパイスなどの味をしみこませるため。かき回したらふたをして弱火で10~15分ほど煮る。

※ふたの上に水をのせると早く調理できるそうです!


4. 煮終わったら、ガラムマサラ(オプションでチャットマサラ)を入れて出来上がり。

IMG_6944.jpg


<サモサの皮>
材料:小麦粉カップ1と1/2カップ、塩適量、バター大さじ2、油大さじ1、水、アジワイヌ(便秘にならないためのスパイス。日本では買えないそうです)。※小麦粉はジャガイモの量の2/3くらいがよい。

1. 材料をすべて合わせて、水で練っていく。耳たぶほどの硬さがよい。

IMG_6950.jpg

2. ピンポン玉よりやや小さめのボールにして、楕円形にのばして、斜めに切る。

IMG_6963.jpg

3. 円の周り、切り口に水をつけ(張り付きやすくするため)切った片面を左手にのせて、切り       口の角と角をそろえ、円錐形にし、手を筒状にして円錐を入れて、具を入れていく。入れた       らふたをする。

IMG_6971.jpg

IMG_6970.jpg

IMG_6972.jpg

IMG_6973.jpg


IMG_6975.jpg

IMG_6977.jpg


IMG_6978.jpg

IMG_6986.jpg


4. ふたをした側を下にして盆にのせ、できれば30分くらい放置してから揚げる。狐色になったらOK。
5. たくさん作って冷凍する場合は、軽く揚げてから、完全に覚まして冷凍庫へ。