スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に言えない、夫の直してほしいこと 

カテゴリ:夫婦生活

お昼の番組を見ていたら、「夫に直してほしいホントにやめてほしい事」を街の奥さんに聞いていて、笑ってしまった。

ひとりは、夫がへべれけになって帰ってくると、「脱げないから脱がせろ」といって靴下から上着、ズボン、下着を脱がせて着替えさせ、挙げ句の果てに「コンタクトが乾くからはずせ」といって、コンタクトを外してやり、入れ歯をしているから入れ歯も取ってやり、さらに、歯ぎしりすると、歯が痛むからとマウスピースを入れてやり、お支度完了だという。

それで「自分でできることは自分でして戴きたい」という奥さん。天使のような女性だわ。

a0800_000401.jpg

もうひとりも、やっぱり夫がへべれけ系で(みんなよく飲むというか、弱いのか)、帰ってくるなり、ドアを開けて一歩入ったところで寝るらしい。
ある時は、奥さんの誕生日で、「プレゼントだよー!」と持ってきた大きな段ボールが、中は空。
「なにもないじゃーん」と言っても何の記憶もなし。翌朝、聞いてみると、フットマッサージャーだったといい、でもどこに置いてきたか、落としたかも何もわからないという有り様。それで、同じものを買って奥様にプレゼントしなおしたのだとか。

うちも、飲みます。飲みだすと自分で制限ができなくなるのが、考えられない。たぶん弱いのだと思うけれど、ふだんからしゃべる人が、その10倍になるから、相手をするのがイヤでたまりません。
飲んでもいいんですけど、ほどほどにしてほしいんです!
奥さま方、そうですよねー!!

でね、私考えたのは、今度、夫が買ってためているウィスキーに便秘薬か下剤かを入れてしまおうかと思ってる(笑)
それで、調子が悪い、といったら「もう年なんじゃないの?」と言って緩やかにやめさせられないかな~と(笑)
スポンサーサイト

最近のケンカの原因 

カテゴリ:夫婦生活

いけないと思いつつ、子供の前でもやってしまう
犬も食わない夫婦のケンカ。

原因はスーパーのビニール袋。

一昔前は、お金を払った後に袋詰めするところにある
無料のビニール袋を、ガラガラガラ、ってなが~く巻き取って
持って行く主婦って、めずらしくなかった。
それがいつしか、下品だ、っていう風潮になって、
使いたけりゃ、自分で買えよ、っていう考えが広まった。
私もそういうのに同化してたし、
わざわざ生ものだからって小さいビニールに入れたりするのも
面倒だと思っていた。

でもやはりミャンマー出身の夫は違うのです。

結局はビニール袋はゴミになるものなのに、
買って使うなんてもってのほかだ、というわけです。
だから、スーパーに行けば、ガラガラとビニールをもらい、
シャカシャカビニールに入れてくる。
私が嫌な顔をするので、その顔を見て怒る。

夫の言い草は、
捨てるものを買うな!ということなのである。

他のおばさん達ももらっているのに、
今日子は格好つけてもらわないなんて、バカにも程がある、という。

でも私はやっぱりガラガラもらうことができない。

そしてまたいっこうに交わることのない
平行線の争い事が、増えるのである。

みなさんどうしてます? 


“頑固者” 

カテゴリ:夫婦生活

先日インターナショナルな皆さんが集まる新年会があり、
そのときに、日本人のご主人がいるタイ人の奥様と話をしました。

そこで同意を得たのが、
「ミャンマー人はニコニコ感じがいいが、頑固だ」ということ。

「頑固」という言葉が、ぴったりでした。
なんで、いままで気付かなかったんだろう。

自分がどこに住んでいようと、
住んでる場所の習慣なんか、クソくらえ。
我が道をゆく。

人当たりはいいから、
私が何と言おうが、周りの人はもちろん夫の味方をします。
「何いってんのよ~、いつも仲いいクセして~」
「いいパパじゃない~♪」なんて言われると
カクッとなります。

今まで腹を立て続けたのは、このせいだ、と
気付くのが遅いんだけど、気付きました。

私が育って、身につけてきたやり方や、
一般的にこうだろう、と思われる日本のやり方を、
「アホらしい」
「くだらない」
「見た目ばかり気にする」
なんていわれるから、カチンと来るのですよ。
やっぱり郷に入れば郷に従えでしょ?
(前にも何度も書いたナー、この言葉。)
そんな言葉も、彼の前には、何の意味もありません。

ああ、間にいる子ども達に申し訳なくて
自己嫌悪な母親です

たいしたこと、ってどんなこと 

カテゴリ:夫婦生活

確かに、私の愚痴なんかは、
たいしたことないと、思ったのは、

ある編集者と話していて、
あなたんところは夫婦仲いいんでしょ?」と聞かれたとき。

いやー、そうでもないですよ、
いつもイライラさせられて、毎日離婚したいって思いますよ

と返事した。

どんなことですか?」というんで、

え…電気つけっぱなしでだらしない、とか、
お皿洗った後床に水をこぼしっぱなしでだらしないとか、
私が捨てたゴミを、ゴミ袋から出したりするのが
耐えられないんですよ
」と答える。

ぷはは、じゃあうまくいってるんですね。
そんなことは、たいしたことないですよ


え?? たいしたことって、じゃ、どういうことでしょう?
やはり女性関係ですか?


そりゃいろいろあるでしょう。
暴力を振るうとか
借金を重ねるとか、
ギャンブルに金を使ってしまうとか。
それを思えば、あなたのは何でもありませんよ


確かになぁと思ったのである。
バカみたいだなー、そんなことって。

まあ、たいしたことなくても、毎日続くと
うんざりしちゃったりするのも、また確かなんだけどなー。

たとえば離婚の原因が「性格の不一致です」っていうような時は、
きっと私みたいなことが積み重なって(ほかにもいろんなことがね)、
もう絶対合わないって思うんだと思うのだけど。
違うのかなー。

ああ、とにかくね、今日だって、
ゴミ箱に新しいゴミ袋を入れたら、夫は、目ざとくそれを見ていて、
それを取りはずし、
違うグチャグチャのビニール袋を入れたのです。

私が入れたのは、分厚い生地のものだったから、
彼はほしかったのですね。何かを入れるために。
でも、「何かを入れるのに使える」っていって、
何枚も何枚も何枚もきれいにたたんでしまっては、
また忘れて、またきれいなビニールをたたんで集める。そのくり返し。
あちこちにきれいにたたんだビニールがあって、
超狭い家はまるでビニール屋敷。こういうのが嫌。

時代は「シンプルライフ」とか「余計なものは持たない」みたいなのに、
うちだけ真逆行です。
やっぱり嫌です。これはやっぱり、たいした事です


夫の変化は喜ぶべきか 

カテゴリ:夫婦生活

最近、土曜日に出かけることが多くなったら
夫が仕事を調整して休んで留守番してくれるようになった。

餅つき大会みたいな学校の行事に代わりに出てくれたり、
学芸会を見に行ったり、
野球部の応援や試合会場への送迎なんかも買って出る。
(前なんか、「父親は仕事して家族を養うのが役目だ」なんていって
絶対土曜日仕事を休んだりしなくて、それで私はイライラしたりしたもんだったから)

夫いわく
僕は考え方を変えたんだ。
今までは金、金だったけど
子どもといられるのは今だけだから
子どもと付き合うことにした

とのこと。

行事に積極的になるのはうれしいけど
ある意味微妙である。

だって、働かなくて済むほどの仕事してきたわけじゃないし
お金がかかるのはこれからであるから
ここから緩まれちゃ困るんだけどな…
という気持ちも、もちろんある

ましかし、
前は「なんで日本の学校は」「なんで日本の保育園は」なんて
文句ばかり言っていたから、
日本の学校の活動に、興味を示し、どんどん出て行っているのは、うれしいことである。
本人も、みんなに喜ばれてうれしいみたい。

餅つきでは、校長が直々に近くに来てくれて、ほめられたらしい。
初めてなのに、ずいぶんうまくなりましたね」と。
(朝より、うまくなった、と成長を認められたとか)

それに喜んだ夫は…
ありがとうございます。
園長先生もスピーチがうまかったです!
あ!すみません、校長先生

校長に園長なんて呼び掛けるなんて前代未聞よねー(汗)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。