スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモス中学校か、アットホーム中学校か 

カテゴリ:子育て

娘は来春から中学校に入る。

以前なら私立や都立などを選ばない限り、
校区というのが決められていて、
ふつうは自分の住んでいるところで指定された中学校へ行くのが普通であった。

練馬区は、ここ数年の間に選択制になった。
そのために、
徒歩で行ける範囲だったりすると、選べるようになり、
今大いに迷っている。

校区の学校は1学年5クラスあるマンモス中学校である。
クラブ体験&説明会を受けた結果、娘はここの演劇部を痛く気に入った、しかし、
あまりにも人数が多く、ざわついて、切磋琢磨するような雰囲気を恐れている。

今の小学校は1学年2クラス。

もうひとつの候補にあるのは、
1学年2クラスから3クラスの小さな学校(でも敷地は区内4番目に広い)。
ここは個別にクラスの様子を見せてもらい、娘も一緒にクラブ見学をした。
アットホームで、人数が少ないため、校長、副校長までが
生徒全員の名前を知っている(という)。

確かに、副校長がクラスに足を踏み入れると、
生徒たちは、「あ~♪」という感じでうれしそうに副校長を見た。
こういう雰囲気は、とても居心地がいいだろうと思う。
ただ、ここは、クラブが少なく、生徒数も小さいために、部活動の規模が小さい。
でも吹奏楽部はとても評判が高く、毎年2回くらいは恒例のコンサートを行っている。

もうひとつの中学も見たのだが、通うのが厳しいので、娘の候補には入っていない。

ということで、マンモスをとるか、アットホームをとるか、
演劇をとるか、吹奏楽をとるか…。
校区以外の学校を希望する場合には、11月頭には決めないといけないので、
娘の決意が楽しみだ♪

妙に選択制になったため、妙に悩むママも、少なくない昨今である。
決めてあればいいものの、
こんなだから、「あそこが進学率がいい」とか、「あそこの副校長がいい」(転勤あるのに…)とか、
「野球が強い」とか、「推薦状を書いてくれやすい」とか、
いろんなことを詮索せねばならず(これは大人の都合か)、
とても面倒である。
とはいえ、私立や都立を受験しようという子供たちに比べれば、
苦労はないのかな。

私の子供のころなんて田舎だったから、通える中学校1校しかなかったからな~。
スポンサーサイト

体調管理票 

カテゴリ:子育て

先のブログのメッセージで、
お友達が、
お子さんのクラスで体調管理票を出すようになった、と書いてくださいました。

そうなんですよね、うちもです。

毎朝の体温と、頭痛のあるなし、セキのあるなし、吐き気のあるなしなど、
6項目くらい。

あららーと思っていましたところ、
読売新聞にもそんな記事がありました。

「うちの夫の会社では、子供がインフルエンザになった家は、
『インフルエンザに感染していない証明』を持っていかないと出勤できない」と。

感染していない証明ー?! 

証明もらいにいった病院で、感染する危険だってなくはないのに。

うちみたいに、39度を超えずに済んでしまったケースでは
みんなに「インフルエンザ?」って聞かれて、
どう答えればよいか迷うのである。

インフルエンザだった場合(もう確かめようがないけれど)
登校するためにはインフルエンザ治癒証明(というのかな?)をもらわないといけない。
それがないとなんとなく、気まずいような。

いろいろインフルエンザには面倒なことがつきまといます。




とうとう学級閉鎖 

カテゴリ:子育て

流行中のA型インフルエンザは、
練馬の学級閉鎖が多いな、とTVを見ながら思っていたら、
1人かかり、
2人かかり、
とうとう今日から娘の6年のひとクラスだけ学級閉鎖に。

40人ほどいるクラス中、14人がお休みで
そのうち8人にA型インフルエンザの症状が確認されたとか。

うちの子は先週風邪でお休みをしたのだが、
熱も上がらず、普通の(?)風邪で済んだのだが、
ここまで広がると、ちょっと怖い。

学級閉鎖は、午後4時ごろまではできるだけ自宅で待機。
4時以降は大人の判断に任せるというゆるいものだ。

塾や習い事はどうなるんだろう。

だいたい4時以降は塾や、スイミングやなにかがある。

昨日は、娘は塾へ行った。
今日も、スイミングに行く…つもりなのだけど。
そういうのはいいのかしら?

学級閉鎖をご経験されたかたは、そのへん、どうご判断しているのでしょうか?

もしかして、塾へ行くのはもってのほか?!

けんかの幕引き 

カテゴリ:子育て

いや、息子のけんかの仕方(というか、気持ちの発散の仕方)に
心を洗われた。

今日、野球の練習を終えて帰ってきた息子が
玄関の外で座り込んで泣いているのを娘が見つけ、
私も駆けつけて理由を聞くと
「僕がコーチからもらった保冷剤を
○○が盗んだ」とまたさらに涙をこぼした。

よく聞くと、人数分なかった保冷剤を取り合って、
1つ年が上の男の子にじゃんけんをしようといわれ
無理やりやらされて負けて、「盗まれた」ということだった。
まあ、盗まれたわけじゃないけれど、
息子の心境としては、そう言いたい状況だったのだ。

負けたのなら仕方ないが、
「僕はじゃんけんすることに賛成しなかった」。

じゃあ、どうするか。

「じゃ、○○くんに電話してみる?」
「うん」

ということでさっそく電話。

さっきの保冷剤返して欲しいんだ。
僕はじゃんけんすることに賛成していなかったんだしっ。
勝手にじゃんけんって決めてとるのはずるいし。
じゃんけんじゃなくて、クイズにしようよ。
…とにかく返してっっていってんだよーっ!
 」

というような話が続き、「返してもらう」ということで一応決着がついたらしい。

しかし○○くんは届けにこない。でもすでに息子は、娘と遊び始めていた。
そこへ、○○くんから電話。

「なに? もうさ、いいや、返さなくていいよ。
さっきは悪口言ってごめんな」と息子。

えー 

ああ、この引き際よさ。
それにさっさと謝って、「じゃあな」と電話を切った。
きゃぁ、かっこいい
これには、参りました。

前に何かの本で読んだことがある。
思いは心にためずに正直に伝えたほうがいい、
子供のように、地団太を踏んで訴えるほうがいい、と。

息子は、そんなふうに思いのたけを吐き出して、
それですっきりしたんだろう。

息子が謝ると、相手も息子の出方に驚きつつも
「ずるい方法で保冷剤とってごめんね」といったとのことだった。

ああ、子供から学ぶべきことが山ほどあると、
改めて思った出来事だった。

学ぶだけでなかなか実行できない大人だけど…

というか、私たち夫婦の場合は一方通行のような気が、最近してきた。
私がぐわーーーっと言っても、もしかしたら理解していないんじゃないか、って…。
だからいつでも結末がない。
こういうのもねぇ。

別れがたいクラス 

カテゴリ:子育て

先日5年生の保護者会に続き、
本日は2年生の保護者会があった。

その会の前に、1時間かけて、
「今まで子どもたちができるようになったこと」として、
子供たち自身が自慢できるワザを披露する場があった。

剣道の素振り、カラテの構えとか、絵画、お手玉とか
披露されたのはさまざま。
ちなみにうちの子はピアノでした

そんななかで、ベーゴマやコマを出し物にしたチームがあった。
アレって、ベーゴマやコマに紐を巻くことすら、
なれない人間には超難しい。
それを期待に目を輝かせる親達の前でやるのだからプレッシャーはあるはな。

そのためか、失敗者続出。
「ドンマイドンマイッ」

2回目も失敗。
「いいぞ、もう一回やってみなよ! 地獄巻きでやってみればうまくいくぞ」

3回目も失敗。
「大丈夫だよ、もう一回やってみて」

失敗した子どもたちに、周囲から飛んでくる言葉のなんと温かいこと。
もう、ノックアウトです。
思いやりの気持ちがあって、差さえ合える温かなクラスだなー、と、
胸、じ~~ん

1年生、2年生と同じ担任だったので、この子供たちは3年に
上がるときにクラス替えを体験する。

夜、息子に聞いてみた。

「来年は、U先生とお別れになっちゃうね。さみしいね」

「うん…」

「アタシもさみしい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。